地域の中で育つ子ども達

一般社団法人 千葉県子ども会育成連合会


子どもたちは今!!
直線上に配置
 子どもの成長には、年齢にあった様々な体験が大切で子どもたちは「遊び」や「体験」を年齢の異なる人々と交流を通して社会性・創造性・協調性を身に付けていきます。

 特に「遊び」は子どもにとって大人が仕事をするのと同じぐらい大事だといわれています。
 「遊び」を繰り返し体験することにより、自信を持って行動が出来るようになり、対人関係など発達段階において必要な事柄を学んでいます。

 子どもたちが成長する過程において地域で様々な体験が出来た時代から、現在では都市化による遊び場の減少、少子化による人間関係の希薄化など、日常においても集団で遊ぶ機会も減っています。

また、青少年の様々な犯罪や非行で、関係者が心を砕く事件が多発し、子どもを取り巻く環境は年々厳しくなっています。
 そんな中、「自然体験の大切さ」が改めて認識され、「生きる力」をもった子どもの成長が望まれています。

 このような状況の今、私たち地域の大人は地域の子どもたちのために何ができるでしょうか?


直線上に配置